第2回 異なる近代の可能性──非西欧の視座から

この時代を照らす「外」の視点を求めて

第2回シンポジウム オンライン開催
異なる近代の可能性──非西欧の視座から

日時 2021年3月30日(火) 午後4時(16:00)〜6時30分(18:30)
会場 四谷、カクイチ研究所オフィス
 
司会 朝倉友海
発表1 谷 寿美 ロシア、全一性の視座──ソロヴィヨフを中心として
発表2 坂元ひろ子 清末、もうひとつの進化論と「個」──梁啓超、章炳麟
発表3 小村優太 イスラーム復興と近代──ムハンマド・アブドゥフ
発表4 西平 直 ブータンという生き方──転生のコスモロジーと欲望の拡大

 

前近代から近代へ、それぞれの転換の風景を生きた非西欧の思想家たち、ロシアのソロヴィヨフ、中国の章炳麟、イスラームのアブドゥフ、そしてブータンにおける転生というヴィジョンの命運。

ポストモダンの次に訪れる思想の風景へ、彼らが生きた「終末」から学ぶべきものとは何か。破局への助走とは異なる、思考の手がかりを求めて、思想の近代を読み換えるアイデアを探す。

イベントへの参加は下記サイトよりお申し込みください。

お申し込みの受付は2021年3月30日(火)午後12時まで

未来哲学研究所
第二回シンポジウムの参加お申込みはこちらをクリックしてください

シンポジウムはZoomにて配信いたします。

後日、Zoomの参加者用URLを、アンケートに入力されたメールアドレス宛に順次お送りいたします。

当日、スムーズに配信をご覧になるために、事前にZoomのインストールをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました