トップページ

異なる近代の可能性──非西欧の視座から

第2回シンポジウム オンライン開催
この時代を照らす「外」の視点を求めて

日時 2021年3月30日(火) 午後4時(16:00)〜6時30分(18:30)
会場 四谷、カクイチ研究所オフィス
 
司会 朝倉友海
発表1 谷 寿美 ロシア、全一性の視座──ソロヴィヨフを中心として
発表2 坂元ひろ子 清末、もうひとつの進化論と「個」──梁啓超、章炳麟
発表3 小村優太 イスラーム復興と近代──ムハンマド・アブドゥフ
発表4 西平 直 ブータンという生き方──転生のコスモロジーと欲望の拡大

前近代から近代へ、それぞれの転換の風景を生きた非西欧の思想家たち、ロシアのソロヴィヨフ、中国の章炳麟、イスラームのアブドゥフ、そしてブータンにおける転生というヴィジョンの命運。

ポストモダンの次に訪れる思想の風景へ、彼らが生きた「終末」から学ぶべきものとは何か。破局への助走とは異なる、思考の手がかりを求めて、思想の近代を読み換えるアイデアを探す。

イベントへの参加は下記サイトよりお申し込みください。

お申し込みの受付は2021年3月30日(火)午後12時まで

未来哲学研究所
第二回シンポジウムの参加お申込みはこちらをクリックしてください

シンポジウムはZoomにて配信いたします。

後日、Zoomの参加者用URLを、アンケートに入力されたメールアドレス宛に順次お送りいたします。

当日、スムーズに配信をご覧になるために、事前にZoomのインストールをお願いいたします。

第1回シンポジウムの動画を公開

2020年8月24日にオンライン開催しました第1回シンポジウムの動画を公開いたしました。

是非ご覧ください。

第1回 シンポジウム『〈未来〉という次元を回復するために』

司会 末木文美士
発表 山内志朗、中島隆博、永井 晋
コメント 佐藤麻貴
2020年8月24日(月)開催

未来哲学 創刊  年2回刊行予定

2020年11月25日発売!

「創刊のことば」より
末木文美士

未来哲学研究所は、一つの哲学の運動体でありつつも、それぞれの独自の問題意識を生かして、多様な活動を展開することを目指す。そこでは、近代西洋哲学の行き詰まりと、今日の危機的精神状況を共通の現状認識として、それではその状況を乗り超えて、どうしたら新しい哲学を形成しうるか、という大きな課題に挑むが、それぞれのメンバーの目指す方向は必ずしも同一ではない。その多様性が豊かな可能性を開いていく。そのことは、本号掲載の論文や対談を見ていただけば、分かっていただけるであろう。これから展開していくさまざまな活動も、決して一方向を向いて統一の取れたものではなく、哲学の多様な実践のあり方を示すことになるであろう。だからと言って、それらがまったくばらばらというわけでもない。

本研究所の活動は緊密な共同作業というよりは緩やかなネットワークの形成であり、相互の啓発の場の提供である。輪郭のはっきりした組織ではなく、アメーバのように無定形で多方面に流動的な先端を伸ばしていく。内部と外部という明確な境界もなく、次々と姿を変えながら、専門家の枠を超えて、新たな未来へと心ある人々を巻き込んでいく。そもそも哲学に専門家などということがあるのだろうか。誰もが加われる場として、ささやかな運動でありながら、そこに大きな未来が託されている。灯は世代を超えて引き継がれ、やがて人類の危機を乗り越えつつ、より大きな花を開くことを信じたい。哲学は何よりも人の心を変えてゆく実践に他ならない。

未来哲学 創刊号 目次
 

創刊の言葉 〈哲学〉は〈未来〉に船出できるか?

末木文美士
特集 未来哲学とは何か
   1 通底する存在と情念──中世から未来を問うために

山内志朗

  2 未来哲学としての東洋哲学

永井 晋

  3 来者を思う──哲学の希望

中島隆博
シンポジウム コメント 佐藤麻貴

 
対談 「哲学の未来」っていったい?

中島隆博・納富信留

    ──思考を更新するための条件をめぐって
 
 
コラム 太古の森、化石林に見る地球生命人類史観

辻誠一郎

    『バビロン天文日誌』と未来予知学

三津間康幸

    二〇世紀の天動説
    ──ロシア宇宙主義のヴィジョン

細川瑠璃

論考  仏教認識論の射程──未来原因説と逆向き因果

護山真也

 
     存在をめぐる読みの可能性

小村優太

   ──アヴィセンナ、アヴェロエス、アクィナスの応答
 

    AI・仏性・倫理

師 茂樹

 
    モノたちが互いに区別されて存在している世界

法貴 遊

    ──アシュアリー学派の行為論と偶因論
 
     革命・国家・悪──田辺元の実践哲学

田島樹里奈

 
 
書評と対話 思想史をどう書くか
   書評 「王権」と「神仏」・日本思想史の両極

葛兆光

    ――末木文美士著『日本思想史』を読む
 
 
   対話 思想史を書き直す

葛兆光+末木文美士

 
    翻訳・通訳 張厚泉
     装丁+造本デザイン=寄藤文平+古屋郁美(文平銀座)

タイトルとURLをコピーしました