機関誌『未来哲学』について

機関誌『未来哲学』書影

心にもう一つのポケットを! ──出会ったことのない「希望」のために

未来哲学 創刊号 特集・未来哲学とは何か 年2回刊

編集委員 末木文美士・山内志朗・中島隆博 発行所 未来哲学研究所
 
2020年11月25日刊行予定
A5判・並製 260頁  本体1500円  ISBN978-4-910154-11-4 C0010
 
ご購入はこちら

■思想の冬の時代に、あえて船出する思想誌です。希望を語ろうとするのではありません。そのこと自体が主題となるほどに困難であるからこその挑戦──手がかりは、非西欧の思想圏への、あらためての着目です。イスラーム、東アジア、ロシアその他の地域の見えなくされた可能性を掘り起こし、思想の風景を描き直すカギを探します。

■希望とは何か、終末とは何か。一つの大きなサイクルが巡り終えたかのような、薄暮に閉ざされた時節を超えるために。

特集 未来哲学とは何か

前近代・ポストモダン・超近代、あらためて一つの時代区分ではない、思想の、生き方の「近代」を問う。

創刊のことば 〈哲学〉は〈未来〉に船出できるか?

末木文美士

特集 未来哲学とは何か

提題1 通底する存在と情念──中世から未来を問うために

山内志朗

提題2 未来哲学としての東洋哲学

永井 晋

提題3 来者を思う──哲学の希望

中島隆博

シンポジウム コメント

佐藤麻貴

対談 「哲学の未来」っていったい?──思考を更新するための条件をめぐって

中島隆博・納富信留

コラム 太古の森、化石林に見る地球生命人類史観

辻誠一郎

『バビロン天文日誌』と未来予知学

三津間康幸

二〇世紀の天動説──ロシア宇宙主義のヴィジョン

細川瑠璃

論考 仏教認識論の射程──未来原因説と逆向き因果

護山真也

存在をめぐる読みの可能性──アヴィセンナ、アヴェロエス、アクィナスの応答

小村優太

AI・仏性・倫理

師 茂樹

モノたちが互いに区別されて存在している世界──アシュアリー学派の行為論と偶因論

法貴 遊

革命・国家・悪──田辺元の実践哲学

田島樹里奈

書評と対話 思想史をどう書くか

書評 「王権」と「神仏」・日本思想史の両極──末木文美士『日本思想史』を読む

葛兆光

対話 思想史を書き直す

葛兆光・末木文美士

翻訳・通訳 張厚泉

タイトルとURLをコピーしました